PMSと戦う独身女の徒然

30代女。低収入でも幸せに快適に生きる道を模索中。たまに旅

スポンサードリンク

無職独身一人暮らし。毎日暇ですが何か?

ただの日記です。気が付いたら22時だよ。今日何したっけ?

 

そうだ、今日は気になってた換気扇の掃除をしたんだった。

うちには大きめの換気扇が備わっている。こういうしっかりした換気扇のついた家は初めてでどう清掃していいかわからずに引っ越してから初めての作業。


キッチンに上ってどうにか蓋を外したものの、どう見ても手に負えるレベルの汚れではなかった。何年も掃除されてない感じでした。業者呼んでやってもらわないと無理そうだったので下手に手は触れず、蓋と周辺だけキレイにしてそっと閉じたのでした。


しかし蓋の取り付けがまたかなり手間取ってめちゃくちゃ疲れた。もうやらない。極力汚れないようにカバーかけるなりして油汚れの対策をしようと思う。

こういう設備も最低限のものでいいんだけど元々ついていたものとなると良い状態を維持していかないといけないという労力がかかるので面倒だなと思った。

 

元々キレイ好きでもなく寧ろ部屋は散らかり気味なのだが、アレルギー持ちなのでホコリやカビ等がやたら気になるようになってしまったてのもある。

とりあえず気になってた所をちゃんと確認できたのでスッキリした。

 

無職もそろそろ終わる

気になった求人があったので電話してみた。日曜日だから繋がらないかもな?と思いつつもかけてみると繋がったので面接の予定を取り付けた。


どうやら一次応募をまとめて請け負ってる感じで、この電話で大体の希望を聞かれたのでしどろもどろになりながらもなんとか受け答えした。


普段人と話さない生活なので、こういう時にサラサラ言葉が出なくなったりするので人と定期的に接するようにしていかなきゃなぁと思うのであった。

しかし思ったよりも先の面接日になってしまったのが予想外だったが、まぁその間にまた求人みつつ気になるのがあれば練習がてらに応募してみようかなと思ってる。


今回の応募した決め手は何といっても近いという事だ。

電車通勤しなくていい。徒歩でも行けるって所が一番のポイント。通勤に1時間とか絶対かけたくないし、まして満員電車なんてストレス以外の何物でもないので避けたいと思ってる。多少賃金安くても楽に通える所で働きたい。

 

毎日暇。だけど退屈ではない。

頭の中は常に何か思考してるので体は暇だけど頭は忙しい。

なので退屈はしていない。でも時々この思考がイライラの元になるので思いっきり体動かしたり、何かに打ち込んだりしたくなる。それで働こうと思ったのもある。


読書したりゲームしたり一人遊びは好きだけど、最近は何をしてもだるい。


ここの所悶々とした気分が続いてる。


だからこそ習慣を変えていきたい。ひきこもって部屋でぬくぬくしてるのは快適だし、私にとっては天国みたいなもんだけど、多少のストレスも必要だし刺激も欲しい。

なんせ中途半端にしてあることが多すぎるので何か一つでも達成したいという思いがある。その一つが働くこと。自分の中でまだ納得してない部分が労働と自分との関係。いつまで試行錯誤すればいいのかわからないけど、また挑戦してみようと思う。

 

なんとなくこうしたいっていうプランはできたから実行していくのみ。

ダメならまたやり直せばいいだけ。

人生それの繰り返しさ。

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。