PMSと戦う独身女の徒然

30代女。低収入でも幸せに快適に生きる道を模索中。たまに旅

スポンサードリンク

30代独身無職女が快適に生きるためにこれからやること。

過去の振り返りは少しずつやっていく。30年分なんて一気にできやしないし、まだ自分自身の体調や気持ちがガタガタなのでそこを整える作業を優先したい。

 

今日は体調がましになってる。

 

昨日の状態のままなら朝イチで病院に行くつもりだったけど、全身のだるさが少し落ち着いて、しびれのような感覚もほぼなくなっている感じ。息苦しさも落ち着いてる。もしかして熱中症だったのかな。しばらく安静にしてたら良くなるのかな?と勝手に前向きに考えてる。まぁそれでも早めに検査しておいた方が身のためなので健康診断かねて1回は診てもらうつもり。動けるうちに対策しておかないと辛くなるのは自分自身だからね。それに倒れても誰にも助けてもらえない状況なのでそうなると悲惨なことになってしまう。

 

快適に生きていくこと

これから前向いて生きていく為に何をやるべきで何をやらないか。しっかり明確にしていく。快適に生きることが幸せに繋がると思うから。体調が悪いと目の前のことしか考えられず休むことしかできないので元気がある時でいいから少しずつ進んでいけたらと思ってる。やっていくことをざっと書き出してみる。

 

  • 生活習慣の改善
  • 働く
  • 複数の収入源を作る
  • 通信大学を卒業する
  • 体質改善に取り組む
  • 体を鍛える
  • 大阪で知人をつくる
  • 電話番号を変える
  • 家族と離れる
  • 過去の振り返りをまとめる
  • 月の生活費8万以下
  • 格安で国内、海外旅行する
  • 読書
  • ダンスかヨガに通う
  • 命あるかぎり生きる

 

現在、仕事もしてないのでほぼ一人だし、周りに知人もいなければ地域の繋がりなどもないような都会の片隅に住んでる。自分で選んだので後悔はない。慣れない環境での暮らしにストレスはないとは言えないけどそれも時間と共に慣れていくと思う。やっぱり体調が良いときは考えも前向きになる。健康体になりたい。意外とやりたいけどやってないことたくさんあるじゃないか!

 

すぐできるものもあるし、達成できるかわからないものもある。長いスパンで考えてるので焦らずやっていこうと思う。辛いことから逃げることは悪いことじゃない、でも自分からは逃げれないので向き合っていく必要があることは向き合っていく。家族を持つということは私は全く考えてないのでその辺は気楽かもしれない。自分のことだけひたすら考える。老後のことなんて知らん。長生きしないことを祈るばかりだ。人生50年で十分。

 

何もかも一人でできるとも思えない。利用できるものはしていきたいし、人の助けやサポートも求めていきたい。今までひとりでどうにかしようと抱え込んできたけど、こうしてブログなり発信していて一人じゃないんだと感じている。

 

10年前くらいは本当に孤立無援状態だった。若さと勢いで乗りきってきたようなものだけどこれからはそうはいかない。体調の波も激しい。でももう家族のしがらみも捨てて新しい人生を作っていくと決めたから執着を捨てる。自分にとって何が大切かを明確にして楽に生きていきたい。

 

人生の答えは自分で見つける。

生きることに苦しみを抱えてきたせいか、何も考えずに生きることができてる人をたくさん見てきて羨ましいと思うばかりだったけど、なぜ生きねばならんのかと幼い頃から問い続けてきたことの答えは自分の中から生み出したい。

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。