PMSと戦う独身女の徒然

30代女。低収入でも幸せに快適に生きる道を模索中。たまに旅

スポンサードリンク

救いはどこにあるのか?これからどう生きていけばいいのかわからない。

日本には決まった宗教がない。

人が救いを求めるときに宗教という手段がある。どうにもならない問題を抱えた時に人は祈るからだ。

 

何を信じて生きていけばいいのかわからない。なにも信じられない、自分さえも。神に祈れば救われるのだろうか。わからない。私には宗教がない。だけど救われたい。報われなくてもいいから救われたい。そうやって今まで苦しみの中生きてきたんだけどまたリセットされてしまった。

 

これからどう生きていけばいいのかわからない。かといって自死という手段は私の中にはない。あるいみこれが私の宗教かもしれない。自らを死に至らすことはしない。だけど死んだように生きることが果たして生きてるといえるのだろうか。

 

いつか私も父親や母親のように狂ってしまう気がする。もしもそうなるなら生きていくことになんの意味があるのか。他人に迷惑をかけ続けて生きてく人生なのか。宿命なのか。

 

辛い。つらすぎてこの感情をどう処理したらいいかわからない。泣いたところで現実は変わらない。寧ろ悪化していくばかり。

 

救いはどこにあるのか。

人はなぜ生きるのか、生きねばならぬのか。誰か教えてください。33年生きていても何もわかりません。人生は長さではないということでしょう。じゃあどうすればよりよく生きれるのでしょうか。答えは自分でみつけるしかないはずなのにいつも邪魔が入ってぐちゃぐちゃになります。

 

破滅的な人生を歩くのを受け入れなければならないのか。

 

これからどう生きていけばいいのか。 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。