読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

フラフラ人生32年目。1人暮らし女の理想の自分を目指す日々。

スポンサードリンク

自殺しようとしてる人を救えるのか。

最近こんなニュースがありました。自殺目的で踏切に侵入した人を助けようとした所、一緒に電車にひかれて2人とも亡くなったという事故。

 

www.tokyo-np.co.jp

 

悲しい。胸が詰まる。私は親を自殺で亡くしてるので自殺関連のニュースや話題にはどうしても反応してしまう。そして考え込んでしまう。私だったらどうするだろうかと。

どうやったら救えたんだろうかと。自分だったらどうする?って自分なりに答えをだすんだけど、私は結局他人にはどうすることもできないのかなという答えに行き着いてしまう。でも上の事故は救うつもりが巻き込まれて己も死んでしまったっていうのがホントに辛い。

 

 人はなんとなくで自殺してしまうと思う。

もしかしたらこの踏切に進入した老人もちょっとした気の迷いだったかもしれない。本気で死ぬつもりじゃなかったかもしれない。瞬間的に死にたいと思ってなんとなく踏切に侵入してしまったのかもしれない。私の憶測だから真実は死んでしまったからもう聞くことはできないのだけれど。

 

でも、誰にでも自殺のリスクはあると思う。病気であるなしにかかわらず、年齢とか関係なく、そんな事考えた事ない人でさえいつ「死」が自分の目の前に襲ってくるかわからない。亡くなってしまったこの人のようにちょっと声かけて説得するつもりが巻き込まれた、、、とか予想外の死はいつだって近くにあるものだ。だから自殺も他人事ではないと思う。

 

人を救おうとして死ぬ。私にはできないと思う。

いつ死んでもいいとは思っているけど、いざそういう場面に遭遇したとして何もできないと思う。えっ?まさかね?とかあれこれ考えて何もできないと思う。

 

ニュースではやたらと救った人をたたえていて正義感があるとか讃えられてるけど確かに凄い行動だけど、本質は死にたくなるこの社会とか、長生きで高齢化が進む日本でどれだけの人が長生きしたいと思っているのかとかあらゆる問題を考えなくちゃいけない。そもそも踏切に入った人を見た時にどうしたらいいかなんてとっさに動ける人は少ないだろう。(緊急停止ボタンを押す!のが最優先かな)そもそも気付かない事の方が多いだろうし。とにかくあらゆる面から考えなくちゃいけないなって思った。自分にできることはそれくらいしかない。

 

私は自殺は許せない、けど生きる事は死ぬこと以上に苦しいことが多いと思う。病気したり年取ったり思うようにいかない事だらけだから。でも自ら死ぬというのは選ばないでほしいと思う。最近は若い人の自殺も増えている。もう何もかもめんどくさくて全部終わらせたいと思ってしまうのか、瞬間的な気持ちで死んでしまうのかわからないけど問題は山積みだ。私も生きるのはつまらないし、漠然とした希死念慮は常に頭と心の片隅にある。ホントめんどくさい事だらけだし、自分勝手でめちゃくちゃな自分に何もかも嫌になることがあっても命ある限りはどうにか生きていきたいと思う。

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。