読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

フラフラ人生32年目。1人暮らし女の理想の自分を目指す日々。

スポンサードリンク

母親から手紙が届いた。変わらない私に対する強い執着心。

今日、母から手紙が届いていた。

おとといくらいに電話があったのだが取らなかったからだと思う。取れなかったのではなくて取らなかった。というかこれからも取りたくない。話してもろくな事はないからだ。

 

きっと私の誕生日だったからだと思うけど話したくなかったから無視したら今日手紙が届いた。私の母はメールとかそういったたぐいのものは全くできないし覚えようともしない人間なので連絡手段は電話か手紙。携帯電話が普及して15年以上経つけど私の母は電話をかける事と取る事以外の操作はできないし覚えない。

 

まぁどうでもいいけど。

いつもは気が進まないのですぐには読まずに放置することが多いけど、今日はすぐに読んでみたよ。

 

変わらない執着心

母は私に執着してる。子離れできてないっていうのかな。心配だとか言いつつ自分の心配をしてほしそうな内容がいつも書かれているからだ。

今回もそうだった。

 

「お母さんはね、元気じゃないよ。足が痛くて仕事辞めた。家でだらだらしてる。たまに暇つぶしでボランティアで公園の掃除してる。あんたは電話もとらない、手紙も送らない。元気なのか生きてるかもわからないけどどうしてるの?」etc、、、

 

正月に私から、電話もしないで手紙も送らないで。と言う手紙送ったはずなんだけどな。電話でも何回か言った。何回同じ事言えばいいんだろうか。今回はいつもよりまともな内容だったけど連絡よこせっていうのは毎回しつこいくらい書いてくる。そんなに連絡とりたいならメールのやり方覚えればいいのに。自分のやり方で自分の気持ちばかりいつも押し付けてくるんだ。こっちの気持ちも知らずにね。

 

足が痛いってのはかなり前から言っていた事だけど放置していたからどんどん悪化してついには働けなくなったんだと思う。私の母はまだ50代。めちゃくちゃ働き者だった。朝から晩まで働いてる姿しか見たことない。いつも疲れた姿で幸せそうに見えなかったので自分はこうはなりたくないと物心ついた頃から思っていた。世間でまだ若いと言われる年齢かもしれないけど、無茶して働いた結果50代で心も体もボロボロでおかしくなっちゃってる。目もあてられない。私は10年前くらいからずっと言い続けていた。「自分の体大事にしないと、いつまでも若くないんだから。」って言葉はことごとく無視されて今になって実際に体が動かなくなって苦しんでる。

 

今さら遅い。人は変えられないから私は仕方ない事だと思ってるけど、私に依存してくるのはホントやめてほしい。20代まで金銭的にも精神的にも寄りかかられていたけど、もう私は自分の道を自分の意思で選んでいきていくって決めたからほっといてほしい。親だから何なの。死ぬまで縛り付ける権利なんてない。

 

こうやって親から電話や手紙が来るたび、昔の苦しかったことや数々の否定的な出来事がフラッシュバックする。だから意識して接触しないようにしている。もういい加減好きにさせてくれよ!私は過去なんてどうでもいいし、もう家族とか親とかうんざり。いつまでも凝り固まった考え方に振り回されて生きるなんてアホらしい。

 

ずっと無視しつづけていたけど返事書きました。

率直に自分の思いを短い言葉で綴った。

親もいつまで生きてるかわからないし、こうやって距離をとってる間に死んでしまうかもしれない。もしかしたらその時に後悔するかもしれないけどやっと前に進みだしてきたのに引き戻されそうで怖いから私は自分の意思を貫く。

 

だって私だっていつ死ぬかわからないんだから。今を大事にしたい。

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。