読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

フラフラ人生32年目。1人暮らし女の理想の自分を目指す日々。

スポンサードリンク

ちきりんの「自分の時間を取り戻そう」を読みました。

ちきりんの本は何冊か読んだことがあって、新刊は出た当初から読みたくて気になっていて最近やっと読んだので感想を。

 

少し時間がたってしまったのでうろ覚えですが面白かったです。特に忙しく働く方にこそ読んでほしいですね。

 

大事なのは生産性!

ちきりんのブログや本を読んだことある人ならふむふむって感じでさらっと内容は入ってくると思います。今回のテーマは「生産性」一言でいうと高生産性!こそこれからの時代をうまく生きるカギ!って所でしょうか。

 

本の中では4人の立場や性別の違う人物を例に生産性をあげることのメリットを解説しています。残念ながら無職の〇〇さんという例はなかったので自分に置き換えて考えられませんでしたがw(無職の時に読みました。今は働いています)主婦や会社員など忙しく働く人を例に話が進んでいきます。

 

最近は様々な企業が(というか日本の会社の古い体質自体)長時間労働による過重労働、過労死問題、残業時間についての議論、働き方の多様化なんかでガヤガヤしています。それにやたらニュースで目にするので興味なくてもそういう話ばかりが取りあげられてると嫌でも耳に入ってきます。ネットやってると情報に溢れかえってるので次から次へとね。

 

これからは人工知能やIOTの発展でどんどん人間じゃなくてもできることが増えてくるからこそ人間らしく生きるために、自分でやることやらなくていいことを分けて生産性をあげてそれぞれが自分の幸せや有限な時間をよりよく使うためにどういう立場の人でも生産性について考えた方がいいよ!というちきりんの考えが色々書かれています。書かれていることを全て実行できればみんなハッピー?なのかわかりませんけど、概ねちきりんの考えには同意しますね。私も生産性の低いことや非効率な働き方や残業が大嫌いでやりたくないというポリシーの元、生きてます。だからこそ一般企業の正社員はやらないし、興味ないです。やたら拘束時間長いだけでたいした仕事もしてないのが正社員のイメージだから時間の無駄だと思っています。(あくまで持論)そもそも働きたくない。効率よく都合よく働きたい時だけ働く!そういうワガママ人生32年目ですから!

 

私の時間についての考え

自分の時間を取り戻す、、、か。私は独身で、子供もいないし正社員でもないし、親の介護もありません。自分の時間はバイトで会社に拘束されてる時間以外は自分の時間です。現在は通信大学で勉強してるので時間の使い方うまくなりたいなと常々思っていますが、ボーっとするのが好きなのでなかなか時間を浪費してるんだろうなと思います。生産性とかいちいち私生活で考えてません。だから今みたいな何もかも中途半端な人間になったんだろうなとは思いますけどね。ただ自分の好きな事をする時間というのは自分にとって超重要で高生産な時間と思っているので思いっきり時間を使っています。例えゲームだろうが長時間睡眠だろうが自分にとって必要で重要で幸せ度があがることならそれをなくしてまでうまく時間管理しようとは思いません。ずっと私の考えとしてあるものは自分が健康で自由に動ける人生の時間は有限だし、いつ死ぬかもわからないから何をすることが自分の幸せか?何をしない事が自分の幸せか?という事は常に考えて選択して生きています。考えすぎてパンクしそうになったり自分でもうまく自分をコントロールする事ができなかったりと迷いながらではありますが、どうせ死ぬし今を楽しむこと!それが私にとって大事なことです。日々一進一退しながら楽しんで生きていきたいです。



このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。