読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

フラフラ人生32年目。1人暮らし女の理想の自分を目指す日々。

スポンサードリンク

怒りから解放されたい

怒りっていう感情を手放せたらどんなに楽かと思う。

怒りほど激しい感情はないんじゃないだろうか。

喜怒哀楽。人間だから感情がある。でも感情に流されて生きると何かと弊害がある。

私の何かに対する原動力って怒りからきてると思う。

 

 

 

自分でどうすることもできない事や環境に対する怒りから自分自身に対する怒りとか。怒りを元に私は走る事が出来たんだと思う。今はもう走る気にもならないし、無理して走る事はしなくていいと思ってる。穏やかに生きる事ができそうな気がする。

 

毎日苦悩して、苦しんで生きていて一体何が苦しいのかわからないし考える必要はないんだけども自分の根本が苦しみからのスタートだからそれでいいやってやっと思えるようになってきた。自分の苦しみにフタをしない。自己否定し続けてる生き方をどうにかしようってしないでそのまま受け流すというか。。。なんていうんだろ。

 

とにかく自己がぐちゃぐちゃ。

 

そんなんでもなんとかこうして一人で生きていけてるからまぁ良しとしようって。やっと思えるようになってきた。

自分なんて生きてる価値も意味もないってネガティブってより病的な感情をずっと持ちながらもどうにか生きててさ、生きる為生活の為に自分の表面取り繕って社会に順応してさ。だからすごく疲れる。外の世界はすごく疲れる。まぶしくて自分の居場所なんてどこにもないんじゃないかって思ってしまう。心の奥にはいつも何かに対する怒りが渦巻いていてその力を借りて生きている。

 

私にとって怒りは生きるエネルギーだった。

だけどもう解放されたい。こんなグツグツした感情を無駄に持ったところで一体なんのメリットがあるんだかって。何クソ!って歯食いしばることに何の意味があるんでしょう?自分のできること、できないこと、やれること、やりたくないこと大体わかってきたし、自分の能力も大体わかってきたし、もう無理するのはやめようって。

 

まだまだ道は模索中。まだまだ迷走は終わらない。

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。