私は情熱的に生きる人生を選んだ。

フラフラ人生32年目。1人暮らし女の理想の自分を目指す日々。

スポンサードリンク

今年年齢ギリギリでワーホリに行く予定だったけど辞めたっていう話。

f:id:emiriemiriemiri30:20161219165219j:plain

本当なら今頃オーストラリアにいるはずでした。

去年まではそのつもりで準備していました。

 

特に何がしたいってわけでもなかったのですが、かといって何かやりたい事もなく無気力に過ぎていく日々に嫌気がさしていて、刺激が欲しかったし日本そのものに嫌になっていたので飛びだしたいって気持ちからワーホリ行ってみようかなと思ったのであります。

 

 

何の為に生きてるかわからない毎日

ただただ過ぎていく毎日に辟易。特にやりたいこともなくただ労働に明け暮れる毎日。働くために生きてるのか?と疑問を抱きながら時間だけが過ぎていく。気が付いたら30越えてる。一体自分はこのまま何をしてどこへ向かってるのか。死にたいわけでもなく生きたいわけでもないっていうなんともいえなくて鬱々していたんです。

 

仕事で成功したいとか結婚して家庭持ちたいとかそういう願望もなくて、かといってこのままの生活を続けたいとも思ってなくてどうにか自分らしく生きる道はないものかと自問自答、葛藤していてふとワーホリに行ってみようかなと思ったんですね。前々から興味はあったし、経験した知り合いも何人かいたりして話を聞いてみてノリで行くのも悪くないかなって思ったんです。遊びの延長、旅の延長で行こうかなって。

 

そんなんで目標ができると少し気持ちが明るく前向きになったんですよ。とにかくお金貯めつつ英語も勉強しよう!とか。生活にハリがでてきました。

 

無事ワーホリビザを取得して出発に向けて準備を始めるつもりでいました。ですがその気持ちが変わり始めたのは今年に入ってからです。体調が不安定だったり、メンタル的に不安定な自分がワーホリなんてできるんだろうかとか、他にやりたいことがでてきて(大学の勉強)天秤にかけてどっちをとろうかと悩んだんですね。正直大学の勉強なんていつでもできるので今じゃなくてもいいってのは明確にわかっていました。なのでワーホリに行く方を優先した方が悔いはないだろうという思いはあったもののやっぱり体調面の不安を抱えて外国に行くのはちょっとなぁって。さすがにそこまで何もかも捨てていくぜよ!までの気持ちはありませんでした。20後半からやたら病気していた事もあってこういう状態ではいけないと判断しました。

 

誰かに止められたわけでも、心配してくてる人がいるわけでもないし思い切っていくこともできたんですけどね。一言でいえば勇気がなかったって事ですね。

 

てことで私のオーストラリアへのワーホリ計画はビザ代4万5千円をパァにして終了って事です。ビザ代高すぎ!!勉強代ということですね。

 

ワーホリビザのメリット

ワーホリじゃなくてもいくらでも海外にいけますがメリットが多いビザなので有効活用したかったですね。働いてお小遣い稼ぎできたり、貯金までできたり、学校へ通うこともできます。自由度の高いビザなので海外生活を安価で体験できたり旅を堪能できたりするメリットがあるんです。ただ年齢制限があるのがデメリットって所でしょうか。一応ワーホリの趣旨自体が、若者よ旅よせよ!的な意味ですからね。今まではオーストラリアの場合30歳の間にビザを取得しなければならなかったのですが、どうやら2017年から35歳までOKになるかも?!という情報がでています。まだ未定のようなので公式の発表がでるまでは今まで通りの30歳までですのでご注意くださいね!ネットでは色んな情報が溢れてるので確実な情報は大使館だと思うので興味のある人はそちらにて確認を!35歳までOKになれば私にもまだまだチャンスがありそうです!!

 

詳しくはこちら↓在日オーストラリア大使館HP

ワーキングホリデー ビザ 申請年齢制限

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。