私は情熱的に生きる人生を選んだ。

フラフラ人生32年目。1人暮らし女の理想の自分を目指す日々。

スポンサードリンク

世界エイズデーって事でHIV検査、梅毒検査を受けてきました。

f:id:emiriemiriemiri30:20161214110356j:plain

平成28年度世界エイズデーポスター 厚生労働省HPより

 

12月1日は世界エイズデーです。

私はエイズなんて自分には関係ないと思って今まで生きてきました。ですが今回検査を受けたのは思い当たる行為をしたからです。

 

結果から報告します。

 

f:id:emiriemiriemiri30:20161216151358j:plain

HIV、梅毒ともに陰性(感染していない)でした。

ホッとしたよ。大丈夫だとは思ってましたけどドキドキしました。

ちなみにその他の性病検査(おりものの検査)も念のため婦人科にて受けて異常なしだったのでこれで一応安心しましたね。

 

 

検査を受けようと思ったキッカケ

単刀直入にいうと「コンドームなしでセックスしました」って事です。

HIVウィルスの主な感染源はセックスによる感染、血液感染、母子感染とありますが、日本ではセックスによる感染が多いとのことです。

私は不本意ながらもそういう行為をしてしまったので安心のために検査を受けました。自分の身は自分で守るという意識もあるし、人に迷惑かける生き方はなるべくしたくないからです。

 

  私には特定のパートナーがいたんですが、彼がどうやら遊びまくってるようなんですよ。風俗にも行きまくってるようだし、浮気はしてるかわかりませんけど女遊びに罪悪感のない人なのでどれだけの人とセックスしてきたかなんて考えると恐ろしくなりました。。。なんでこんな男と付き合ってんだろうと今では冷静に考えられるようになり別れましたけど、好きになってしまったのでそういう遊び人な所も受け入れてしまったんですね。で、もちろんセックスの時はゴムを!しっかりつけてもらっていましたが、数回ゴムなしでしてしまったんですよ。受け入れた私も悪いので彼だけを責めるつもりはないです。寧ろ彼は毎回しっかりつけてくれる人でした。勢いっていうんですかね。まーやっちまったわけです。なぜやってしまったというと、私は今生理安定のためにピルを服用しているので妊娠の可能性はほぼないという安心もあったので、つい油断してしまったんですよ。ピルは避妊はできても性感染症は防げないってことはわかってたのに、、、です。

 

なので感染する可能性のある行為をしてしまったので検査しようと思ったわけです。彼を疑ってるどうこうというより、自分の信条として自分の体のことは自分で管理したいと思っているからです。寧ろパートナーができたら毎回検査はしたいと思ってますし、それが当たり前だと思える人と付き合いたいですしね。安心して性生活送りたいですから!!

 

 

保健所で予約不要、無料、匿名で検査受けれます。

全国にある保健所にてHIVの検査が受けれます。もちろん一般の病院でも可能ですが、保健所だと無料で匿名で検査できるので利用しやすいです。場所によっては予約も必要な所もあるようです。ただ受けれる時間が決まった時間のみの所がほとんどなのでHPで調べてから行くか電話して聞いてから行った方が確実です。土日や夜間に行っている所もあり最寄りの保健所でなくても検査できるので思い立った時に受けることができます。即日に結果がでるものと1週間後に結果が出るものがあります。合わせて有料で梅毒検査も受けれるところもあります。私は有料で受けるつもりでしたが世界エイズデーの月の12月だったこともあり無料で梅毒検査もしてもらえました。

 

 

私が行った保健所では、検診室に直接行き受付の方から問診票のようなものと番号がかかれた札をもらって記入して待っていると検診室に呼ばれ詳しい説明を受けて採血、という流れでした。「HIV検査受けたいです」と声に出さずに検査完了まで終える事が出来ます。私が行ったときは5人くらいが待っていて、男女半々くらいいました。即日検査ではなかったので1週間後にまた保健所に出向いて検査結果を受け取るということでした。郵送対応などは行ってないとのことで自分で受け取りにいかないといけないです。早く知りたい方は即日検査をやっている所で受けた方がいいですね。

 あと検査を受けるタイミングも大事なので、感染に思い当たることがあってから3ヶ月以上たたないと確実な検査結果は得られないそうなのでその辺も注意してくださいね。

 

 

 まだまだ世界ではエイズに関する偏見は多いと思います。私は偏見というのは正しい知識がないからだと思います。正しい知識を得る事はもちろんですが自分にできることといえば予防すること、検査をうけること。自分の身は自分で守るということはやっていきたいです。

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。