読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

変わりたいなら人間関係を変える、仕事を辞めたら人間関係をリセットする。

考える

ひきこもり無職女の一週間は久々に外に出たり、人に会ったりして社会的活動をしておりました。

友達と呼べる人はいないのですが仕事で知り合った人が少しいるので近況報告がてら会ったりしていました。

 

人間関係はストレスの元

やはり人と関わるとそれなりにストレスが発生しますね。

私の場合人と話すのは好きですが、やはりストレスを感じる事が多いです。

良いストレスになることもあるし、悪いストレスになることもあります。

悪いストレスになる人間関係はサヨナラしようと強く思ったのであります。

 

仕事を辞めてから今まで仕事で接していた人とは関わらないようにしたかったのですが、女特有のだらだらグダグダ言い合うだけのなれ合いの付き合いが続いていたりしてなかなか抜け出せずにいましたが決定的に無理な出来事があったのでこれまでの付き合い(仕事絡みの)はリセットしようと思いました。

これまで何度も仕事や住むところを変える度に人間関係はリセットしてきましたが、今回は前の職場から割と近い所に住んだというという事もありちょっとした知り合いとも繋がったりしていたのですが、やはり仕事が共通点で付き合っていた関係だったので仕事を辞めれば他人になって話も合わなくなるし変化をしたがらない環境にいると変化をしようとする人からすれば居心地が悪くなります。

 

私は変わりたくて、変化したくて仕事を辞めました。

体調面の悪化もありましたが、圧倒的に自分に合わないという事、嫌いで辛い仕事を続ける事に何の意味も見いだせなかったので辞めました。

それなりに楽しいことやいい出会いもあったとは思いますがそれも仕事上の付き合いとしての関係なのでその環境から離れたら終わり。という感じです。

 

 

変化は痛みをともなう

人間は変化を好みません。

人間のカラダは現状維持をするような作りになっているからです。ホメオスタシスだったかな?そんな感じの奴。なので同じ場所にとどまって同じような事をしてる方が楽だし居心地がいいのです。変化を嫌う。なぜなら変化は痛みや苦しみを伴うからです。楽な事じゃないです。カラダの楽を無視して違う環境へ行こうとするというのは結構簡単じゃないんです。もちろん個人差はあると思います。行動派な人、慎重派な人。色々です。

私は変化する為仕事を辞め、一人暮らしを始めましたのでやはり今までの人間関係とは考え方が合わないのでサヨナラすることにしました。

 

何が決定打になったかというと、真偽のわからない噂話で盛り上がっていた事。

私は自分で直接見たもの、聞いた事しか信じません。なのでテレビの報道なんかも信じません。報道も半分くらいは事実も含まれているかもしれませんが大げさな表現だったりする事が多いと思うので鵜呑みにする事はないです。

それが自分の身近となるとより強く思います。

あるかないか良くわからない話で面白おかしく盛り上がるような人間が大嫌いです。そりゃあ私だって全くそういう話しないかと言えば嘘になるかもしれません。芸能人のあれやこれだったりは会話を楽しむ程度でしたりします。ただ身近な人に対して、直接聞けるのに聞かずに他人から聞いたことでぐちゃぐちゃ言って楽しむということが嫌いです。そういう話しかできないような人間関係なんていらないなと思ったのです。

 

なんで本人に聞かないの?知りたいなら聞けばいいし、本当か嘘かもわからないのに決めつけるのはどうなの?

 

噂話しかすることができないつまらない人間とは付き合いません。

そんな暇ないですわ。自分の目で観て耳で聞いて肌で感じて、それだけが真実。

 

久々に会った友達にそういう話ばかりされてウンザリしました。きっと私のこともあーだこーだ言っているんだろうなと想像に難くないですよね。もうとっくに辞めた前の職場の話をいつまでし続けるのか、、、執着心だろうか。

私は変わる。変わりたいからその付き合いとはもう関わらないと決めました。

 

他人の事アレコレ言う暇あるなら自分の事考えた方がいいんじゃない?

何より自分に向けての言葉でもありますが、そういう人たちとは価値観、考え方が違う事でもあるのでさっさと逃げるべし♪リセットしましょ

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。