読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

アラサー女の恋愛日記~恋愛経験0に等しい私に彼氏ができて3ヶ月たちました~

恋愛 近況

8月も後半ですね!あっという間に夏は終わっていきますがまだまだ暑い日は続いております。

 

さて、私はというと生理前の体調不良から解放され、ひとときの心の安定期にいる所です。まぁこれも長くは続かないのだけども、これも自分自身の一部なのでうまく共存していこう!と思っている次第です。

 

私は今お付き合いしている方がいるのですが、私にとっては本当に久々すぎる恋愛というお付き合いをしていて戸惑う事がありまくりの日々なのですがその日々を通して気付いた事を今日は書いてみます。恋愛通して感じた事、気づいた事とか。

 

社会人になって初めての恋愛

私は恋愛偏差値でいえば0じゃないかな?というくらい恋愛という男女のお付き合いをしたことが皆無に等しくて、31歳にして人を好きになって、側にいるだけで満たされるという感覚を初めて感じているわけですが、社会人の恋愛となると学生のように学校で毎日会う~とか放課後デート~とかそういう頻繁に会う事がなかったり、仕事やお互いのプライベートがありますので、同棲でもしてない限りなかなか会ったり連絡とったりする事は少ないと思います。(これは個人差があるのでなんとも言えないのですが)

 

私の場合は、付き合い始めは週1に会う。2~3日に1回はラインする。

といった感じでしたが、今では2週間に1回に会えるかどうか。3~4日に1回くらい私から他愛のない会話。もしくは会う約束するだけのライン。という感じです。

週1会えたらなぁという思いもあるのですが、そこそこ遠い距離だったり仕事の事を考えると今くらいの頻度がちょうどいいのかなと思うようになりました。私は感情に波があるので寂しくて死にそうになる日も結構あるのですが、そういう不安定な時は会いたくても会わない方が自分の為でもあり相手の為でもあると思うようになったのでそういう話もした上でお付き合いをしています。かといって私の全てを受け止めて!なんて思ってないので自分の問題は自分で対処しつつ、理解されなくてもいいからこういう私もいるんだよ~というのは言うようにしています。家族だろうが愛していようが、他人の事を100パー理解する事は不可能です。自分さえも自分がよくわからないので尚更(笑)なので理解してほしいから話す、というよりこういう私もいるんだよっていう情報提供みたいな感覚で話します。それでお前無理!となれば自然に離れていくでしょうし、それは自然の摂理ですから。

私の場合、家族問題とか自分の問題とか複雑すぎるのでそれも含めて愛して!なんていったら自分でも嫌になるのでそれと恋愛は切り離して考えてます。それに今の彼はそういう私の負の部分には触れてこないし、今の私が好き、そのままの私でいいんだよ。と言ってくれるのでとても居心地のいいパートナーです。

 

正反対のようで似ている彼に惹かれた

恋は盲目だから相手の良い所しか見えてないのかというとそうでもなく、彼の嫌な部分は付き合った当初から少し知っていました。なぜかというと男女の仲になるまえに2年ほど同じ仕事をして仕事ぶりも近くでみていたので付き合う前に多少は人間性は知っていました。なので彼も私の事少しはわかった上で付き合ったと思っているので仲が深まるのに時間はかかりませんでした。

ハッキリ言って仕事の仕方は正反対の二人でした。

私は細かい所にこだわって丁寧にやらないと気が済まない完璧主義者タイプ

彼は、まんべんなくこなし頼まれごとは断らない。大雑把だけど真面目にやるタイプ

私は割と上の人にガンガン発言する方で納得してから仕事に臨みますが、彼は無口で言われたことはノーは言わず黙々とやり一切は愚痴はいわない人でした。

こう仕事に向かう姿勢は違うようですが、どこか似てるというか気になる存在でした。

黙々と仕事をこなす姿勢、愚痴も言わず顔色も変えず淡々とした姿に興味はありました。ですがお互い仕事中に会話しない方でしたので2年も同じ空間にいたのですがほとんど仕事以外の会話もないままお互い退社することになりました。

もう二度と関わる事はないだろうな、、、辞めてからそう思っていたのですが、ホント人生ってわからないですよね。ひょんな事から付き合うことになりました。

 

キッカケは彼からでした。最後の送別会で少し二人で話す時間があって、お互い酔っていたのもあり、今まで言いたくても言えなかったことやもっと話したかったという私の思いとかぶっちゃけて話しました。もうこれが最後になるのかな?という思いもあって気が付いたら泣きながら話していました。

その後に「会いたい」と言われ何度か2人で会うようになり、私もどんどん惹かれている自分に気が付いていたものの怖くて踏み出せない自分もいてこの気持ちどうしようかと思っていましたが、彼から好きだと言われました。

私はかなり警戒していたのですごく考えて悩みましたが、それよりもこの人ってどんな人なんだろうか?無口でポーカーフェイスで私みたいなうるさい女が好きってどういうことだ?!とにかく接してみたい。近づいてみたい。人間的に興味もある!よしっ付き合ってみよう!難しい事考えず飛び込んでみました。

今では完全に好きになってしまいましたが最初はビビリまくり逃げ腰な感じで始まったんです。

そういえば付き合う前に、彼に私のどういう所に惹かれたの?と一度だけ聞いたことがあります。

 

「俺と似ている所がある気がしたから。よくわからないけど好きになったから」

 

彼からこの言葉がでてきてビックリしましたけど、この言葉で付き合ってみようかなというキッカケにもなりました。正反対なようでいてお互い似てるかもと感じていたんだなぁと。そして好きになるのに理由なんていらん!ということ。未だになんで好きになったのかよくわからないけど好きです。好きなもんは好きなんです!

 

 

恋愛を通して自分自身の事を気付かされる

私は今とても彼に感謝しています。

何がというと、彼とお付き合いして自分の良い所、嫌な所(特にこれ)が痛いというほどわかったからです。間違いなく彼のおかげです。きっとそういう自分に気付く為に付き合ったのかもしれない!とか大げさかもしれないけど思っています。

良い所は良い所でほっとけばいいけど、嫌な所がね大分問題です。

嫌な所というより、自己認知のゆがみだったり自責感の強すぎる自分の考え方にハっ!とさせられました。知ってるつもりでいたんですが彼を通して痛い程気付いてしまったんです。自分のあまりにも偏った価値観だったり、自分に対する考え方の歪みで自分で自分を苦しめていると。自己評価の低さ、自尊心の低さ、自己嫌悪、自責。私はいつもいつも自分を責め続けることで自己を保って生きて来たんだと。

それは異常だということ。今まで自分で自分を知ってるつもりでいたことが、彼という人間を通して明確に見えました。見えたからと言って根が深いのですぐに変えれるものでもないのですが、これに気付いて生きる事と気付かずに苦しんで生きる事とは大きく違うということ。正直彼との将来~とか今後~とかあまり私にとって重要ではありません。きっとそれは彼もだと思います。何よりも今が大切で今の感性や感覚で生きる事が大事だということ。それをパートナーを通して気付けたことは本当に良かったと思います。まぁ付き合いがもっと長くなれば自分だけの問題じゃなくて色々出てくると思いますが3ヶ月交際してみていろんな自分を知って、いろんな彼を知って、恋愛ってなんかよくわからないけど面白いなぁと思うようになりました。

 

 

自分は自分である。そのまんまでいい。

今の私に言いたい事(笑)

ごちゃごちゃ考えずそのままの自分を早く受け入れろよ!って

そのまんまでいいんだと。

考えず感じ切ること。

いい加減自分を責めるのやめて自分認めてあげたいです。

 

と話それまくりですが、私の恋愛日記おわり。

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。