読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

「恋愛障害」読みました。自己受容と自尊心。恋愛に限らず生きる上で大事なことがたくさん書かれてました。

恋愛


f:id:emiriemiriemiri30:20160804100841j:image
f:id:emiriemiriemiri30:20160804100851j:image

Twitterで気になっていたトイアンナさんの著書「恋愛障害」

ふと書店に立ち寄った時に目に留まり購入しました。

一言でいうと、男女ともにおすすめ!です!

今恋愛してる方もそうでない方もぜひ読んで頂きたい内容です!

恋愛に限らず生き辛さを抱えてたり、楽に生きるヒントも盛りだくさんでした。

何度も読み返したいです!

 

 私は恋愛障害だ!

というのも、私自身アラサーにして初めて?異性と交際というか恋愛っぽい事していてなかなか葛藤が多く、こじらせ気味で困っていたので何かヒントになればいいなぁと手に取ったのですが、恋愛だけでなく人としての部分や心理学的なお話も多くスゴく読んでタメになりました!具体的な恋愛障害からの脱却方法も紹介されていて、もちろん簡単なことではないけれど生きていく上で恋愛に限らず大事なことだと思ったので時間かけてでも自分と向き合って「恋愛障害」を克服していけたらいいなと思っております。

 

私の恋愛遍歴

ここで少し私の恋愛について、、、

恋愛らしい恋愛はしたことないので書く事もそんなにないんですが(笑)

学生時代は部活だったり遊びが楽しくて異性とお付き合い(恋愛)は全くしたことがありませんでした。興味がなかったわけではなく、好きな人もいましたし、告白した事もありますがお付き合いという事自体は20歳の時にバイトで知り合った7つ年上の方との付き合いが初めての彼氏というものでした。

その初めての彼氏は、私にとっては憧れの人であり、しかもバイト先ではかなりのモテモテな人でまさか私と付き合う?!そんなバカな!!という感じで付き合いが始まったのを今でも覚えています。音楽関係が共通の趣味だったり、ゲーム好きだったりと合う部分も多く、年の差を感じない楽しい時間を過ごしていたのですが半年もしないうちに別れることになりました。というかフラれました。

理由はわかりませんけど、フラれるときに言われたのは

「お前はひとりでも生きていけるよ。元気でな!」

みたいな事言われてショックを受けまくり泣きまくりましたね。

今となっては良い思い出になりました。

ちょうどその時期は正直私にとっては家族のことがかなりごちゃごちゃしてて、(両親の離婚やら父親の死とかが重なった時期、、、)かなり辛い時期でひとりで抱え込んでたので恋愛どころじゃなく日々の生活の事で頭がいっぱいだったせいもあるかもしれません。

その辛さや寂しさをその彼に対して違う形でぶつけたり、甘えたり、重い女になってたなぁと、あとあと反省しました。

結局色々あって私がバイトを辞めて地元を出たのでどっちみち別れることになっただろうなぁと思うので良い思い出になったと前向きに考えれるようになりました。

でその人と付き合ったのが私の恋愛経験でして、その他遊ばれたっぽいのが少し(笑)なのでほぼ異性との交際はないに等しいという私のまんま31歳を迎え、久々の恋人ができ、恋愛ってなに?そもそも付き合うってなに?!私はどーしたらいいんだ?!と頭を抱えることが多くなってしまって今まで考えたことのない悩みが噴き出してきたのでこの「恋愛障害」という本のタイトルに私じゃん!!と思ったのかもしれません。

 

 

自己受容と自尊心があれば生きるのも楽になる

本書の内容はトイアンナさんのこれまでの経験やたくさんの相談を受けてきて実際に多くの人が抱える悩みに応えてきてその中で具体的な例をあげて取り上げています。

男女別に具体例が書かれていてどちらの話も興味深く一気に読み終えました。

それぞれ色んなパターンの恋愛障害があるんですね。

もちろん私のような例もありましたよ。

で、後半は恋愛障害を克服するために自尊心を育て、自己受容していくというエクササイズも盛り込まれていて、簡単なことではありませんが今後の自分の為にやっていきたいと思う内容でした。恋愛に限らず生きてくうえで適切な自己受容と自尊心を持つことは本当に大事!というのも私自身自己受容ができないことがとても自分自身苦しめてると気付いていたのでここは目をそらさず向き合っていきたいと思っています。

やはり育った環境や親との関係は自分という人間をこうも決定づけてしまうんだとつくづく感じております。

三つ子の魂百までとよく言いますが、幼い頃の環境や愛情って一生自分の人生に影響を与えてしまう。感じ方考え方のクセってなかなか変わらないものです。

ですが、生き辛さに気付いて向き合っていけば克服できる!時間はかかるけども、やはり自分自身の問題は自分が一番わかっているし、もちろん一人だけで解決できないこともたくさんあるので適切な言葉と行動を選択できる自分になる!その為にありのままの自分を受け入れ、自分を認める。自己受容と自尊心!これが何よりも必要で大事なことです。

 

そういうたくさんの事に気づかせてくれる本です。

具体的な内容は買って読んで下さいね♪

キンドルもでてるみたいです。

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。