読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

恋は人を狂わせる。いや、私を狂わせた!!狂った女の行動を晒す!

恋愛

恋は盲目ですか?

どうやら私は31歳にして恋に狂ってしまったようです。

自分で自分がキモ過ぎてどうしていいか分からなくなっています。

恋愛経験の少なさと情熱女がゆえでしょうか。

それにしても人を好きになるってこうも人を変えてしまうんですね?

えぇえぇ自分の事なのに恐ろしい程変化していまってます。

 

今日は私の恋に狂った行動をさらしましょうか。

恥ずかしすぎてひきこもりたいくらいです。

 

好きなのに別れを切り出した私

彼の事大好きなのに、突然理由もなく「いきなりごめん。別れたいと思う。好きだけど」

とメールを送り付けてしまった私。

そもそも私としてはメールでこういう大事な話はしたくないはずなのに何を血迷ったか送り付けてしまいました。

好きだけど別れようとかハッキリ言って意味不明ですよね。

私は今までそういう経験はありませんしそういう思いを感じた事もないのですが、なぜか衝動的にそのような行動にでてしまいました。

きっと彼を試したかったのかもしれない、、、自分が好きすぎてどういう反応するか見てみたかったのかもしれない。そんなの今考えるとなんて酷いバカな事を言ったんだろう!!と猛反省してるわけだが、言った瞬間に「OK」とアッサリ別れを了承されてしまい私は呆気にとられたのでした。。。

えっ?!終わってしまったの?!それでいいの?!

自分で言っておきながら言った直後に後悔と自己嫌悪。

丸一日冷静になって考えてみたものの私はやっぱり彼が好きだ。

好きで好きでたまらん!!!別れたくないーーーーー!!!!

涙の止まらない一日を過ごして私は次の日行動にでました。

 

 

勝手に近所におしかける

彼は日中は仕事をしています。もっぱら会うときは彼がこちらに出向いてくれてたので私は彼の家は行った事ない(しかも結構遠い)ので知ってるのは最寄り駅だけでした。

狂った私は約束もしてないのに彼の最寄り駅へ突撃していまいました。

「終電まで待ってる。勝手に来てごめんね。ちゃんと会って話したい。」

ホント身勝手です。てかストーカーですねこりゃ。

そして押しかけてひたすら待ちました。

待てども待てども彼はこず、、、

メールもこず、、、

電話もとらず、、、

 

私は拒否されたのか。もう私たちは終わってしまったのか、、、

私はなんてバカな事をしたんだ!!好きなのに別れたいなんて言うなよ自分!

バカバカバカバカ!!!!もう自分を責めるしかできなくて、それでも待ってみた。

さすがに初めて来た駅で終電までいるのは怖かったので早めに切り上げた。

何度も電話を鳴らしたが取らない。

メールも来ない。。。

 

オワタ(T_T)

そう思った瞬間感情が爆発!!!メール攻撃をしてしまった。

お願いだから返事ください!!ストーカーみたいでごめんなさい!!

ホント恐ろしいね。キモイね。はよ諦めればいいのに彼の声が、メールが一言でも欲しくて欲しくて私は狂いまくった。

 

そして久々の電車長旅を終え帰宅。。。

家について服を脱ぎ散らかしその場でふにゃふにゃに崩れ落ちた私。

もう私はフラれたんだな。しばらく傷心で寝込むかな。

とその瞬間!!!!

 

ピロリン♪

 

 

彼からのメール。そして更に発狂する私

「ごめん。気付かなかった。スマホ今見たよ。」

なんと!無視されてると思い込んでた私は飛び上がった!!

ホントにホントに?!嫌いになってない?ごめんね!だいすきです!!

もはやメールの狂い咲き。

キモイ女でごめん。ストーカーしてごめん。もう自分で自分がコントロールできないくらい好きになってしまった。私頭おかしくなったみたい。ごめん。返事ありがとう!!救われた!!ホッとした!!

もうウザウザキモキモメールを送り続けるバカな私。もう落ち着け!と誰かに止めてーーーー状態。

 

そしてその状況を恋愛マスターにメールで伝え助言をもらうことに、、、

今自分が経験したことない見たことない自分が現れてどうしたらいいかわからない。助けてくれ。このままじゃ余計嫌われてしまいそうだ、、、。

マスターからの返事「とにかく自己卑下するメールはもうやめな!うざいと思われるだけだからもう十分だよ。それより会って話したいって言ったの?目的はそれでしょ?」

 

そうだった!直接あって話したくて私は押しかけたのだ!

キモキモ発言は一旦忘れて、会ってくれるか聞かなければ!!話はそれからだ!!!

 

 

優しい彼が益々好きになった。そして私はやっと落ち着いた

恋のせいかもしれない。盲目なのかもしれない。

でも私は猛烈に感動した。彼の優しい言葉に惚れ直しまくったのだ。

「ずっと待たせてごめん。ちゃんと家に着いたの?大丈夫?」

「俺はめっちゃ好きだよ。」

もうこれだけで私はトロケタ。アナタガトゥキダカラァァァァァ!!!

なんて言わずここは落ち着いて。。。

一方的な言い方して後悔してるし反省してる。自分勝手だと思うけど会ってちゃんと話したいんだけど時間作ってくれませんか?

と私から送りました。

「いいよ」

もうこの一言に今日の私の行動は全て報われ、救われた。

もう死が目前にあるような状態だったのが楽園に来たみたいになった。

やっと思考が落ち着いてきた。

こんな自分見たことない。。。ナニコレ。キモ。

私はきっとこれまでそんなに人を好きになったり愛したりしたことがないんだなって思った。人にこんなに執着する自分初めてみたからです。

今はこれが依存の執着なのか愛の執着なのかわからないけど、お互いが居心地のいい関係を続けていけるならやっぱりこの人と付き合っていきたいと思っている。

 

でもこんな事絶対もうしないと誓ったし、別れを切り出すのは本当に終わりにしたい時だけ。と自分に言い聞かせたし、恋愛マスターからも言われた。「自分苦しめるような言葉は言っちゃダメだよ。でも言った事起きたことは変えられないから同じ間違いはしない事だね。そして自分の気持ちに気づいたから無駄なことではないよ。相手にはちゃんと会って謝ってね。」と。

マスターありがとう!!あなたの言葉にも救われた。

救われまくりの一日だった。感謝しかない。彼とマスターに!!

 

自分を傷つける事に痛みを感じなくなると人も平気で傷つけてしまう気がする。

対人関係は思いやりを忘れちゃいけないな。

ホントこの1件でたくさんの事を学んだ。

 

会って話す日はまだ先なのでこの関係が続くのかどうなるのかはわからないけれど、また後日談も書きます。

 

狂わすような恋がいいのか悪いのかわからないけれど、私は今の恋愛で多くの事を学んでる。こんなにドキドキしたの初めてかもしれない。

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。