読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

保育園落ちた日本死ね!って記事を読んで思うのは声をあげる事の大切さ。もっと自己主張していい!

考える

匿名のはてなダイアリーで投稿されたこの記事がニュースに取り上げられるくらい話題になっています。最初はネットで話題になり、今では政治や芸能人のGLAYのTERUさんまでもがこの記事について言及しています。ちなみにTERUさんは賛同していました。匿名ながらも凄い影響力です。

保育園落ちた日本死ね!!!

こちらがその記事です。

 
この記事の一番すごい所は何といってもタイトルが秀逸。
この一文の持つ影響力、破壊力は凄いと思う。誰もが目を留めてしまう言葉のパワーがあるように私は思う。
 
私も読んでみて私の解釈で思った事を書きます。賛成か反対かというより、率直に思ったことを。批判するつもりはありませんので、こういう考えの人もいるんだなぁくらいに軽く読んでもらえたらと思います。
 
 

 物事を一部の側面から見たら全て正しい

まず、読んでみて私の思ったことは確かにそうだな、一理ある。特にシングルマザーだったりすると働きながら子育てって人が多いだろうから厳しいんだろうなって思いました。シングルじゃないにしても、今は共働きが多いですから幼い子は保育園なり親なりにあずけないと安心して働きにでれませんよね。
 
 
この筆者の方は、私は活躍できねーじゃねーか!!と政治に声をあげています。
一億総活躍社会ってなんなの?と。
総活躍とか勝手なこと言ってますが、別にみんながみんな活躍したいわけじゃないだろうし、この言葉は受け手によっては不快になるよね。正直私もこの言葉だけ一人歩きしているようで実際何をもって総活躍とするのか知りませーーんという状態でもあります。この方にとってみたら私は働いて子育てもして税金も納めたいのに活躍できないじゃん!と言っています。
 
で、この筆者の方が一貫している主張は保育園増やせ。増やせないなら児童手当増やせ。と。政治のお金の流れに不満をあらわにしています。
こんなんじゃ少子化になって当然だろが!!と。
ホントにその通りだと思う。
ひとつの側面や考え方では正しいし、納得いきます。
 
ですが保育園に預けないと働けない。
手当がないから子供生めない。
 
というのはちょっと偏ってるんじゃないかなとも思う。
私は独身だし、子供も持ったことないので大きい声は出せないけども、そもそも子供を生み育てるのは金がかかるから一概に保育園にさえ入れれば解決するとも思えない。
保育園に入れて働けたとしても今後もっと金がかかるのだ。
一人の人間を育てるってめちゃくちゃ金がかかるのだ。
日本は義務教育があり、高等教育もあり、大学まで通うとなるととんでもない教育資金がかかる。一番金がかかるのは教育資金かな?
 
その第一歩が保育園。
確かに保育園問題は今に始まったことじゃない。
認可保育園の少なさや、保育士の低賃金かつハードな実態なんかも幾度となく問題として取り上げられている。そんな中で何か問題が起きたときにひとつの側面、自分の立場や問題だけを取り上げるとキリがない。それよりどうしたら働きながら子育てできるか?とか保育園以外にいい方法はないか?とか色々な視点で物事をみれればもう少し楽になる。保育園落ちても死ぬわけじゃないし、これからも人生は続くから多様な生き方を作り出していけばいいと思う。寧ろ自分で保育園作っちゃうとかね。私ならそうするかも。働きに出るとか会社勤めだけが仕事じゃないですからね。
 
 
ネットの匿名ブログがここまで取り上げられるようになったものここ最近ではないだろうか。一般市民の声なき声がこうして今もどこかで叫ばれている。
匿名だと本音や普段言えないことも書きやすいだろう。
もっともっと声出していいと思う。特に日本人は自己主張が下手だから。
現実社会で声を出せないならブログで吐き出せば、何かしら社会に影響を与える。政治が動くかはわからないけど、賛同する人でもっと新しい社会をつくれる。
 
日本のセーフティネットって穴だらけの問題だらけだからね。
自分の力でできることは自分でした方が早い。
でも困ったときに声をあげれないと誰も気づかないし助けられないから、この方のように自分の思いを叫ぶのは大事。
 
この匿名ブログの投げかけた思いはきっとたくさんの人を救ったと思う。
もっと自己主張して、声の出しやすい世の中になればいいな。
 
 
 
このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。