読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

ワーホリの醍醐味は、なんといっても自由度の高さ!私は旅して、働いて、ひたすら旅しまくりたい!!

ワーホリinオーストラリア 考える

今年オーストラリアへのワーホリが決まっているエミジェです。

 

私は何をしに、何の為にオーストラリアへ行くのか?

1年間という時間をどう過ごしたいのか考えています。

 

年齢も31歳になってから発つ事になるので、ホントにギリギリ。

その1年は20歳の1年とは重みが違う気がするんです。同じ1年でもね。

行くことだけが目的になってしまってカラッポな1年にはしたくないなって思ってます。

 

ワーキングホリデーについて私なりの考えをつらつらと書いていきます。

 

ワーキグホリデーとは?

簡単に言うと、青少年の国際交流を促進させる為、協定を組んだ国と国の交流と言った所でしょうか。

このビザはとても自由度が高く、勉学、就労、休暇、旅など基本的に現地の人と同じような生活が1年間できる権利が与えられます。

 

少年よ大志を抱け!いや、かわいい子には旅をさせろ?ビザです。

世界は広いです。小さい日本に留まらず、世界の国を自分の目で見て、肌で感じる事は生きてる間にやっておいた方がいい!と個人的には思います。

今は格安航空券が増えてきて、海外旅行の敷居はグッと低くなってきているので海外旅行っていうのもいいんですが、海外での生活って刺激的だと思いませんか?

それに働いたり、旅したり

日常生活は案外地味だったりするかもしれませんが、自分の価値観や固定観念をぶち壊すには海外での生活ってとても良いのではないでしょうか。

 

 

ずっと憧れていた外国での生活とワーホリ

私は、中学生くらいからかな?ずっと海外への憧れがありました。

沖縄出身という事もあり、外国人が身近に感じる環境だった事もあるし、英語が好きだし、エンターテイメントが好きだし、何より群れるより個人主義的生き方や文化に強い憧れがありました。

早く自立して、自分の力で生きて行きたい。

どこへ行っても生きていける力を身に付けたい。

そういう思いは物心ついた時からありました。

 

そういう憧れや夢みたいに思っていて、半ば諦めそうになっていましたがこの度ビザを取りついにワーホリに行くことが決まりました。

人生ってタイミングですね。

行くと決めたのはホントに最近ですし、2年前くらいの私は病気してたり、家庭もめちゃくちゃだったりでもう色々どうでも良くなってた自分が嘘のようです。

行くと決めたのは直感とタイミング。

目的もなにも特に決めてなかった。

 

でも実際行く日が近づいてくると、まず何しようかな?

私は何がしたいのかな?とプランを考えるわけです。

 

パッと思いついたのは「旅」

ヒッピーみたいに放浪したいし、THE・サバイバル生活なんかも楽しそう。

オーストラリア中巡るのはもちろん他の国も旅して世界旅行したい!!

メインテーマは旅。

 

もうひとつはやっぱり、「仕事」

まぁ仕事みつかるかもわからないし、私の英語力でできることは知れてるだろうけどさ。せっかくのワーキングOKなビザなので仕事もしたい。働くのは好きだよ。

旅の費用は、現地でもバイト代で捻出したいなぁと思っています。

 

なので

旅して、働く。そして世界中旅する!!

旅と仕事。そんなワーホリライフにします。

すぐに語学学校に行こうかと思っていましたが、色々考えた末現地に行ってから決める事にしました。今の時点で手配したり、語学学校からのスタートにはしません。

 

とにかく旅がしたいよぉぉ

 

今は寒いから動けないよぉぉ。

あったかい所に行きたいな!

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。