読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

ギリギリワーホリinオーストラリアに向けての計画(ザックリ版)

ワーホリinオーストラリア

決めたらやるだけ。

あとはゴールに向かって進むのみ。

 

まだ何の準備もしていなければ、ビザも取ってない状況。

そして私は30歳と半年を経過している。

とりあえずザックリでいいから準備の計画(私の知識のみで)をつらつら書いてみる。

なんの情報収集もしてない勝手なプランなので大幅に変更の可能性あり。

では、いってみよ!

 

 スポンサードリンク

   

 

いつビザの申請をするか?

まず何よりも大事なワーキングホリデービザを取らなければ元も子もない!!

といってもビザをGETしてから1年以内に入国しなければならないルールがある為、取得日も考えて申請しなければならない。

オーストラリアのワーホリビザは比較的取りやすく、募集人数も多い。

申請も簡単と聞いたことがある。インターネットでサクッとできるようだ。

一応発給人数に達したら締め切ります。とあるが大丈夫と思ってる。(根拠なし)

いつ頃入国するか?という事をある程度決めてから申請しないとせっかく取れたビザをパーにしてしまう可能性もあるのでここは重要だ!

 

私は行きたい時期が明確に決まってる。

2016年12月。

 

よってビザの申請をするのは今年の12月~すればいいということになる。

私は、来年の4月に31歳になってしまうので年齢でアウトにならない為にも遅くても来年の2月頃には発給まで完了させておいた方が賢明であろう。

申請ギリギリってのは心臓に悪いので私は12月末までにはやるつもりだ。

年末は連休があってゆとりがあるのでそこでしっかりとやっておきたい。

スムーズに行く為にもこれからしっかり調べてミスらないよう準備

しておこうと思う。

 

なぜ12月か?

ただ単に今の仕事の契約が来年の12月の頭には満了となるのでタイミングもよく、お金もそこそこ貯めたいのでギリギリまで仕事していようと思ったからだ。

あともうひとつ重要な事がある。

私が12月にこだわる理由は、無駄な税金を払いたくないから。

というのも税金の基準日は1月1日である為その基準日に住民票がなければ住民税免れるというわけだ。合法的にね。

なので12月中に仕事も辞め、オーストラリアに行くので海外転出をすれば(住民票をぬく)帰ってきた時の税金を「海外にいた」という正当な理由をもって払わなくてもいいということである。あとあと自分の為にもそのひと手間と行くタイミングはかなり重要なのではないかと思う。

あと、帰国する時も次の年の1月1日を超えてからがお得なのでワーホリビザが切れてすぐ帰国ではなく、あちこち旅してから帰ってきた方がいいよ。

アジアなんて格安で滞在可能だしね。

 

知ってるのと知らないのとでは大きな違いが出る。

住んでもないのに住民税なんて払う必要なんてないもの。

ちゃんと手続きしていきましょう。

ネットで調べれば丁寧に書かれてるサイトはたくさんあるので私も情報収集しっかりして無駄は省いていきたい。

 

てなわけで、退職日のタイミング、税金の関係で12月に出発。という事に決めた。

 

 

ワーホリの資金はいくら貯めるか?

100万円。

ザックリだね(笑)

とりあえず50万あれば大丈夫と聞いたことはありますが、働かないでもある程度暮らせるようにこのくらいあれば半年はなんもしないでいいだろうっていう感じ。

なるべく働きたくないですが色々経験したいし、季節労働も気になってるので面白そうなのがあれば働く!くらいのスタンスで行きます。

働かないと暮らせないカツカツな状況は避けたいのでもうちょっと資金に余裕があっても安心かな?

語学学校やら旅もしたいので資金は多いに超したことはないよね。

 

ちなみに2年前くらいに、ニュージーランドにワーホリした友達がいますが彼女はひたすら働きまくって貯金までして帰国したので尊敬しました。

そしてその彼女は、ニュージーランドで素敵な出会いがあり今は結婚して移住しています。人生1年で大きく変わるんだなぁと思った瞬間。

でも行動しなければ何も変わらない。

全ては行動!だと思う。

 

まとめ

とりあえず今の時点で決まってるのはこれだけ。

 

ビザ申請予定日  2015年12月~1月

出発日      2016年12月中

資金       100万円

 

仕事も来年12月に終了!!

これからもっと細かく詰めていく。

随時報告していきます!!

 

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。