読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

初めてゲストハウスに泊まりました。伊勢市駅からすぐの「風見荘」[ゲストハウス満喫編]

女ひとり旅in伊勢志摩。前編からの続きだよ。

前編はこちらをどうぞ↓

lifeisshort-be-strong.hatenablog.com

 

初めてのゲストハウス宿泊で楽しかったので、今回はこのテーマに絞って書くよ。

泊まった所は、伊勢市駅から徒歩3分くらいの風見荘。

ドキドキワクワクでチェックインした。

 

てことでゲストハウス満喫編。

テンションあげあげでいっちゃうよ!

もうね濃厚で熱い夜で、、、最高だったよ。

 

 大家族の家のような感覚

チェックインしてからすぐに少し疲れをとる為横になって休憩した。

そうしてる間に何人か旅人が部屋に入ってきた。

外国人の方もいた。みなさん気さくに挨拶してくれた。

これぞドミトリーの醍醐味。

軽く挨拶を済ませるだけでもいいし、積極的に話すのもいい。

自由に過ごせばいい。そこには強制もなければ義務もないから、自分らしく過ごせばいい。

私は、完全に後者の人間なのでガンガン話しかけまくった。

もちろん相手の反応見て挨拶で済ますか、もっといくのか決めるよ。

ウザイのは嫌だもんね。私も嫌だなと思う人とは話しません。挨拶のみ。

でもゲストハウスに泊まりにくる人って割と気さくに話す人が多いなって思った。

そういう空間が好きだったり、慣れてる人が多い。

 

そして、この日泊まってる人達は実に様々だった。

外国人男女、家族(子供と赤ちゃんもいる)、男性、女性のひとり旅の方々。

大家族の家に帰ってきたような感覚。

 

アフリカン音楽ライブ

この日はラッキーな事に風見荘の共用スペースにてライブがあるとの事。

アフリカの民族楽器/リラ奏者 moosunによるLiveを行います。

手作りの楽器で演奏するという。こういう音楽を生で聴くのは初めてなので楽しみでドキドキした。宿泊者はもちろんの事それ以外の人も入場無料で鑑賞OKてのも熱い!

f:id:emiriemiriemiri30:20150913154044j:plain

照明を落とし、電球やライト、お香を焚いて雰囲気もバッチリ演出。この方がmoosun

f:id:emiriemiriemiri30:20150913154022j:plain

何種類もの楽器を奏でてくれた。優しい音色と歌声に癒された。

最後の方はオーナーさんも加わったりして一体になってた。

約2時間あっという間に過ぎてった。

f:id:emiriemiriemiri30:20150914020523j:plain

どれも柔らかい音色でアフリカン音楽をもっと知りたくなった。

f:id:emiriemiriemiri30:20150914020541j:plain

チャージフリーで投げ銭制。私も少ないけど気持ちを。

この演奏を聴くために来られたファンの方もいた。

しかもその方は伊勢出身で現在アメリカ在住だそうで、こうやって定期的に地元に帰ってきて交流してるという素敵なお姉さまだった。カッコイイ!

そんな人たちとも距離が近くここにいるみんなが家族のようなホッとする空間。

私はビールを飲みながらマッタリとこの時間を楽しんだ。

 

そして、熱くて長い夜が始まった。

 

f:id:emiriemiriemiri30:20150914105922j:plain

伊勢の地ビール。とてもフルーティで飲みやすい。女性が好きそうなお味。

ここでは缶ビールも置いてます。

アサヒ、オリオン、地ビールと3種類。

私は昼から飲んでるにも関わらず加速度をつけてビールを飲みまくったのだった。

f:id:emiriemiriemiri30:20150914110005j:plain

私の地元のオリオンビールにここで出会えるなんて、、、感動。

なかなか近場で売ってる所ないなかでゲストハウスで出会うとは!

オーナーさんの沖縄愛を感じられて嬉しくてビールがすすむすすむ(笑)

 

宿泊者との交流~楽しすぎて~

そして。私はひとりで飲むのはつまらないので近くにいる人に声をかけて飲み始めた。

最初に声をかけたのが、福井から来た観光業をされてるさわやかお兄さん。

「良かったら一緒に飲みません?」

その一言で快くOKしてくれた。

そして目の前にももう一人素敵なお兄さんが!なんとプロのカメラマンの方で、海外も行ったり、芸能人も撮りまくってる方だった。すごいカメラを持ってた。

一緒に飲みましょう?もちろんOK!

まずは3人でカンパーーーーイ!!この時点で楽しくてしょうがない状態。

二人とも明日お伊勢参りをするという。私は一足先に済ませたので、あーだこーだと

今日の出来事を話した。

そんな感じで盛り上がってると、遅くにチェックインした素敵な女性が近くにいたのでこれまたソッコー声かけて、

「お姉さんも良かったら一緒に話しませんか?なんならカンパイしましょう?」

と私が言うと、控えめだけど笑顔だったので私はガンガンに、

「どうぞどうぞ!隣どうぞ!!」

素敵なお姉さんも合流。

東京で働いてるOLさんで地元はなんと茨城県。

そう今水害で大変な事になってる茨城だそうで、自分の家も浸水していて身内や友達も大変なことになってるそう。

ホントはこの旅をやめようと思っていたけど、今地元に帰った所で何も出来る事がなく逆に危ないかもしれないから迷ったけどここへ来たそう。

今回の事で地元に引き上げようかとか色々考えたい事もたくさんあったみたい。

なんだか他人事に思えなかった。

人生何が起こるか分からないなぁと思った瞬間だ。

そうやって話してると、私のベッドの上のかわいい女の人が遠く離れた所に一人で座ってたのでこれまた私は声をかけた。

「もし良かったらリビングでみんなでお喋りしてるので一緒にどうですか?気が向いたら来てね」

とだけ言ってその場を去ったらすぐ来てくれた。しかしかわいい。

このかわいい子は20歳で東京から旅してて九州まで行くそう。いいねぇ~

色々話を聞いてると、東京のゲストハウスtocoでヘルパーさんとして働いた事があるという!!なんたる偶然!!最近知ったtocoの話をここで聞けるなんて最高!!まさに引き寄せの法則か?!

ともう話は尽きない。ビールも止まらない(笑い)

あっという間に消灯時間23:30になった。

スタッフさん「すみません。もう消灯しちゃいます。」

てことで素敵な二人の女性は明日も早いのでおやすみに。

私とカメラマンと好青年は伊勢の夜の街に繰り出したのだった。

 

立ち飲みバーで全員ぶっ壊れる

時間的にやってる店あるかな~と近くをウロウロして、どうやら近くに古民家バーがあると聞いたのでそこを目指す。

場所がわからずコンビニで聞きつつ向かうと、なんとお休み!!てことで断念。

アテもなく3人で歩いてると1軒のにぎやかな立ち飲みバーを発見。

とても小さいお店でカウンターのみのお店だ。玄関があいてて入りやすかったのでひとまずここで1杯飲みましょうか。と入店。

雰囲気次第ではすぐ出よう、、、って感じで結構しょうがなく入った。

めっちゃ楽しいやん!!

止まらないトーク、止まらないビール。

素敵なお兄さんたちも壊れ始める。

カメラマンのお兄さんの話が色々ぶっ飛んでいる。

ブラジルで強盗にあった話、荷物全部なくなった話。

そしてテンションおかしくなってスタッフさん側のカウンターに回って私を撮りだす(笑)

もっと、、、もっと目線ちょうだいよ!!!

なんて欲しがる男だ、マッタク。

福井の好青年さんも今までのさわやかな雰囲気も壊れて変な動きをし始める。

私も負けじと大暴れ!!

もう楽しすぎた。スタッフのお兄さん2人もイケメンで素敵だった。

お酒飲みたいからお店開いたんです。お酒の事よーわかりませんので悪しからず・・・。

だと。最高!!そーいうの大好き!!

f:id:emiriemiriemiri30:20150914114203j:plain

スタッフのイケメンお兄さん。優しい口調にメロメロ。

 

f:id:emiriemiriemiri30:20150914114227j:plain

手前が福井の好青年さん。後半はぶっ壊れてたよ。(私も)

 

宴もたけなわ。もう体力使い切ったので私は先においとま。

カメラマンさんと福井の好青年さんはまた次の店へ行くという。

私を裏口まで送ってくれた。優しい。しっかりロックを解除し部屋へ。

その後の記憶はない。夢の中へ・・・・。

 

こうしてゲストハウスデビューの熱い夜は更けてった。

明日は何しよう。熊野古道?賢島?

とりあえずおやすみ。

 

旅の続きは最後の[後編]へ続く。

 

 

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。