読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

最低最悪な時にこそブログや日記を書くことで後々ラクになる。

私の生きる哲学

もうダメだ限界だ。どん底だ。終わった。

 

人生でそんな経験1度や2度あるんじゃないでしょうか?

 

 

少なくとも私はそんな経験だらけです。何度も挫折し、どん底と思う事がありました。

 

人は生まれた瞬間から親は宿命的に決まっていて変えられない。

金持ち、貧乏、ブス、イケメン、ブサイク、美人。

 

あとあと変えられるものもあるけれど、生まれ落ちた瞬間の事実は変えられない。

生まれた瞬間に誰もが死へと向かっていく。

余命を生きる。

 

そう考えると人間みな平等だな。なんて思います。

 

限られた時間でどう生きるか、山あり谷ありな人生とどう向き合って生きてくか。

十人十色。ひとりとして同じことはない。

 

そう人生なんて死ぬまでの暇つぶし。良い時も悪い時も過ぎてしまえばどーってことなかったりする。

 

でも人はしんどい時や辛い時に何も手に着かず、無気力になり逃げたくなってしまうもの。人間なんて弱い生き物。ひとりでは生きられないから。

 

スポンサードリンク

   

 

最低最悪な時こそ手書きで日記や思いを書きだす

そんなしんどい!最低最悪だ!!と思ってる時こそブログでも日記でもいい、形に残して置くことを勧めます。文字にする。

自分だけしか読めないようにしてもいいし、大丈夫ならネットで公開してもいいと思います。

 

一番は手書きで書くのが良いと思います。

字には感情や心が表れるから。より臨場感が増します。

日記を書く気力がないならその時の思いや心の叫びでもいい、殴り書きでもいいから残しておいてみてほしい。

 

私はつい2年前くらいが最悪の時でした。

まさかの大病で手術。無職で収入なし。実家も金なし生活保護寸前で頼れる身内もほぼなし。もう人生終わったな・・・死んだ方がラクかもしれない。そんな時期でした。

 

その時毎日日記を書いていました。日々のどうでもいいこと、体調、家の様子、これからの事。1行の日もあるし、ひとことの日もある。1冊のノートになりました。

 

そして今、辛い時逃げたいとき、自分がしんどい時にその最悪な時のノートを見返します。あーこんなんだったな、こんな事があったんだなとその時の感情を思い出しながら涙しながら読むわけです。

 

そうしてると、今って全然余裕じゃん。あの時に比べたら大丈夫じゃん!

健康だし、仕事もしてる、安全に寝れる部屋もあるし、毎日ごはんも食べれてる。

私って幸せやん。何もかも持ってる!特に健康であるって事が素晴らしい。

健康であればなんだって挑戦できる。

 

そうやって読み返したら気持ちが楽になって今日1日、とにかく1日1日精一杯やれるだけの事やろう!明日のことは明日考えようって思えてきます。

 

過去を振り返っても現実は変わらないし、良い事だとは思わないけど人間生きてれば良い時悪い時があって当然なんだからごちゃごちゃ考えずに今日やれることやるだけだな、それしかないなって思います。

 

できるできないじゃないやるかやらないか!

 

辛くてどうしようもなければ逃げてもいい。

ただその時の気持ちや感情は文字にして形にしてみてほしい。

いつかまた辛い時が来た時にそれを見ると自分に勇気をパワーをくれるから。

これから先、私にももっともっと辛い事があるかもしれないけど向き合ったり逃げたりしながら一歩ずつ1日1日やれることやって生きていければいいかな。と思います。

 

ひとつ言いたいこと!

時間が全てを解決してくれる。

 

 

 

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。