読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

ひとりが楽!恋人欲しくない、結婚願望もない、子供もいらない。けど仲間は必要。

私の生きる哲学

f:id:emiriemiriemiri30:20150817115002j:plain

完全に私の自論ですが、最近はこういう人多いのではないのでしょうか?

草食系とか絶食系とか色々言われてますが、単純にひとりでも楽しめる、受け入れられる世の中になってるからだと思います。女性の社会進出も少しずつ進んでいます。

 

一昔前までの日本は、女は25歳までには結婚して子供生み育てる、外に出て働くのは男で、女は子育てと家事をする。男は結婚してなきゃ出世できない、信用できないなんていう社会の偏見がありました。

 

大人になったら企業で働いて結婚して、子供を生み育て、家を建てて、車買えば幸せ!!

みんなその通りに生きれば幸せ!!でも幸せってなんでしょうね?

 

    幸せ=安心感

幸せってなんだろうって考えたときに安心感がしっくりきます。

 安定、安心こそが幸せって人多いのではないでしょうか?今も昔も。

 

がむしゃらに働いて、結婚して、子供を生み育てる。

教育・勤労・納税みたいに。義務のように。

 

そうやって社会は発展してきたと思いますが、そんなの政府に仕掛けられただけですよね。世の中、仕掛ける側と仕掛けられる側の人間しかいませんから。無意識のうちに仕掛けられて、そのレールに乗っかる。何も考えずにみんなと同じにすれば安心ですから。ザ・日本人。

 

まぁ私みたいな昔の日本知らない人間が過去を語っても説得力ないのでこの辺までとしましょう。そういう話は実際にその時代を生きた人や体感した人の本を読むなり、話を聞いた方が早いですからね。今を生きる私たちはそれを聞いて自分なりに解釈すればいい。事実はひとつ、解釈は無限ですからね。

 

スポンサードリンク

   

 

さて現代の日本ではどうでしょう。

晩婚化、少子化、おひとりさま、熟年離婚etc、、、

社会問題でもありますが、見方を変えればひとりでいる事が受け入れられる社会になりました。高齢化社会とか孤独死とかそういう問題も増えましたが・・・。

 

良い面、悪い面ありますが私は生きやすくなったのでは?と思います。

型にはまった生き方をしなくてもいい、生き方は自分で決められる。

 

 結婚するもしないも自分次第。したいけどできないってのもあるけどね

強制じゃないから自分で選択すればいい。

 

ぶっちゃけ私は一生独り身でいいと思ってます。

30年生きてきて結婚願望はずっとないです。

結婚はせず、気軽に付き合える男女の仲間は欲しいですが。

孤独っていいもんですよ。自由でワガママし放題ですから。

ただ孤独はいいけど孤立はしない方がいいです。

孤独と孤立は似ているようで違います。

 

孤立の例)

私の経験です。私は以前ニートで一人暮らしをしていた時期があります。

貯金を切り崩して生活してました。家族との繋がりも希薄で、ネット環境もなく、社会から離れたくて友人との付き合いもシャットアウトしてました。軽くひきこもりでした。自分でも何がしたかったのかわかりませんが、今思えば燃え尽き症候群になってたと思います。仕事で身も心も疲弊してなんとか辞めたはいいけども、なにもかもから解放されたくて一人でいたかったんです。何もする気力も体力もなく、病気がちでした。ひたすら一人で戦ってた時期があったのですが、その時の私はまさに孤立状態でした。

 

 

ひとりきり(孤独)、ひとりで立つ(孤立)

なんか孤立の方が辛くないですか?私はそう感じます。

 

結婚しない生き方を選ぶのであれば孤立しない事。

仕事でも友達でもネットでもいいから人間との繋がりを持つことです。

仲間は必要です。別に毎日会うとか連絡とるとかじゃなくていいです。

人はひとりでは生きていけません。

ひとりで生きてるようでも人に支えられ、関わって生きてます。

 

誰かが待ってる どこかで待っている

死ぬならひとりだ

生きるならひとりじゃない

 

B’z 「RUN」より

 

 この歌の歌詞全部載せたいくらい大好きな歌です!!特にこのフレーズが短いけどガツンときました。

 

話がずれてしまいましたが、ひとりでいたい!一生独りでいいわ!と思っていた私も色々経験して、結婚せずひとりでもいいけど共感できる仲間や共同体には所属している方が生きやすいし、精神衛生的にいい!という考えに至りました。こうしてブログを書いてるのも価値観の共有や仲間をみつけたいからでもあります。

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。