読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は情熱的に生きる人生を選んだ。

ワーホリ行くのやめました!人生ずっと迷子。浮き沈みの激しいアラサー女の日々。

スポンサードリンク

20代は捨て、30代でなりたい自分へ。

ミニマリストへの道 私の生きる哲学

 

私は今年30歳になりました。

早いですねー気が付いたら30ですよ。

 

一般的には20代は若くて何でもできて楽しいって言われてますが、私にとっての20代は辛く苦しい事の多い耐える10年でした。もがけばもがくほど霧が増すようで、生き抜くのに必死でいつも自分や世間と戦ってました。

 

私ってこのままどうなるんだろうか?

特に20歳の時がどん底で父親を亡くし大学も辞め、就職もせず、母親も精神的におかしくなりもう私はどうしたらいいか。今でもどうやって生きてたか思い出せないくらいサバイバルな日々。何もかもなくして私は鬼のように働いた。生きる為に。

 

そうやって怒涛の10年間を経て、今年30歳。

とても晴れやかな気持ちです。霧が少しずつ晴れて自分の足で立ち、歩き出しています。不安定ながらも歩いてます。時々足踏みもしたり倒れそうになったりしながら。

 

スポンサードリンク

 

 

  何の為に生きてるのかわからなかったけど、今はこうなりたい。こういう生き方がしたいっていう理想像が見えてきました。それが「ミニマリスト」です。

 

ありあまるモノや事に煩わされず、揺るがない自分をしっかり持って自由に生きる。

 

人生は短い。いつ死ぬかなんて誰にもわからない。

もっとワガママに、自由に。

 

20代は何も持ってなかった。捨てて捨ててカラッポになりかけた。

30代のこれからはブレない自分を持ちたい。なりたい自分への道。

 

 

このサイトでは、google Adsenseによる広告の掲載と、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。